1. ホーム
  2. 信用組合とは
  3. 信用組合の特色

信用組合の特色

  • 信用組合は利益を追求することを目的とした金融機関ではなく、組合員の皆様の発展に貢献することを目的とした金融機関です。
  • 信用組合の経営に参画いただく方は、組合員の皆様(お客様)です。 このため、信用組合は組合員(お客様)の利益を第一に考えた経営ができます。

信用組合と信用金庫・銀行との違い

横にスワイプしてください

信用組合 信用金庫 銀行
根拠法 中小企業等協同組合法 協同組合による金融事業に関する法律 信用金庫法 銀行法
組織 組合員の出資による協同組織の非営利法人 会員の出資による協同組織の非営利法人 株式会社
会員・組合員資格
  • 地区内に住所又は居所を有する者
  • 地区内で事業を行う小規模の事業者
  • 地区内で勤労に従事する者
(事業者の場合の制限) 従業員300人以下又は資本金(出資金)3億円以下の事業者(卸売業100人又は1億円、小売業50人又は5千万円、サービス業100人又は5千万円)
  • 地区内に住所又は居所を有する者
  • 地区内で事業所を有する者
  • 地区内で勤労に従事する者
(事業者の場合の制限) 従業員300人以下又は資本金(出資金)9億円以下(政令)の事業者
制限無し
預金
  • 原則組合員
  • 例外組合員以外の者の預金の受入れは預金・定期積金総額の20%以内
制限無し 制限無し
貸出金
  • 原則組合員
  • 原則会員
制限無し

信用組合の組合員になるためには、中小企業等協同組合法(中企法)により、「組合員資格」が定められています。

総会・総代会制度

信用組合の最高議決機関は、総会(または総代会)です。 信用組合は「相互扶助」を経営理念として、組合員一人一人の意見を大切にしています。 組合員は出資口数に関係なく一人一票の議決権を持ち、「総会」を通じて信用組合の経営に参加することができます。 なお、信用組合は組合員の数が多く、総会を開催することは事実上不可能であることから、信用組合は総会に代わって「総代会」を設置しています。 この総代会は組合員の中から適正な手続きによって選任された「総代」によって構成・運営されており、組合員の意見等を適正に反映しています。

緊急連絡先