お客様へのご注意とお願い

安全にお取引いただくために以下の点にお気をつけください

1. お通帳・ご印鑑・キャッシュカードの盗難にご注意ください
 
お通帳やご印鑑はもちろんのこと、キャッシュカードやご本人であることを示す各種の重要資料(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)につきましても、別々にかつ厳重に保管してください。

万が一、お通帳・ご印鑑・キャッシュカードのいずれか一つでも紛失された場合には、直ちにお取引の信用組合にご連絡ください。お通帳のみの紛失であってご印鑑は手元にある場合であっても、印影から印鑑が偽造されるおそれがありますので、必ずお届けください。

2. キャッシュカードが偽造され、引き出される被害が拡大しています
 
キャッシュカードの磁気データをコピーした(いわゆる「スキミング」)偽造カードを使用して、預金が引き出されたと思われる事件による被害が拡大しています。このような被害に遭わないために、キャッシュカードの管理には十分ご注意ください。

キャッシュカードを財布に入れたまま自動車の中に放置したり、不特定の方が使われるロッカーに保管したりすることは大変危険です。外出時はキャッシュカードを手元から離さないようご注意ください。

3. キャッシュカードの暗証番号の取扱いにご注意ください
 
キャッシュカードの暗証番号に「生年月日」「電話番号」「自宅の番地」「車のナンバー」などを使用していると、たとえ組替えたとしても容易に第三者に推測されてしまいます。万が一第三者に推測されやすい番号を登録されている場合は、すみやかにご変更されることをお勧めします。また、定期的に変更されることもお勧めいたします。
キャッシュカードの暗証番号は、キャッシュカードのみでご利用されることをお勧めします。
ATMによる預金の引き出しの際に、暗証番号を後ろから盗み見られたり、他人に知られたりしないようご注意ください。

信用組合の職員や警察官などが店舗外や電話などで暗証番号をお尋ねすることはありません。不信な場合には、直ちにお取引の信用組合へご照会ください。

4. スリやひったくりにご注意ください
 
信用組合の窓口やATMで払戻しを受けた場合は、現金を狙ったスリやひったくりにご注意ください。

現金の持ち歩きには十分注意し、万が一、被害にあった場合は、大声をあげて周囲の人に知らせたり、すぐに警察へ110番通報しましょう。

5. 不正な振込請求について
 
身内を装った詐欺や架空請求、メール詐欺などにより振込を要求する、いわゆる「振り込め詐欺」や、ヤミ金融業者などが預金口座を不正に利用して違法な取立てなどを行なう事件が多発し、大きな社会問題となっています。不振に思われるような場合には、最寄りの警察、財務局、都道府県の相談窓口などにご相談ください。
ヤミ金融業者などによる法外・強引な返済請求や、身に覚えのない請求があった場合には、安易に振込などを行わないようご注意ください。

最近、税金の還付などを口実に、税務署員や市役所等の職員を装い、ATMを操作させ、振込みを行なわせる「還付金等詐欺」による被害が発生しています。こうした相手の指示に基づき、ATMの「お引き出し」「お振込み」などの操作を行なわないよう十分ご注意ください。

6. ご協力のお願い
 
信用組合では、口座の開設などにあたり、法律の定めに従ったご本人の確認をさせていただいておりますが、盗難通帳・偽造印鑑などによる預金の不正な払出しや口座の不正利用を防止するため、預金のお支払い時などに改めてご本人の確認をさせていただくことや、口座のご利用目的などをお伺いすることがございますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
信用組合の預金規定では、第三者による口座の利用を禁止させていただいておりますので、口座を売ることや貸すことはできません。預金規定に違反する場合には、口座のご利用を停止させていただいたり、解約させていただく場合もございます。