信用組合へようこそ

信用組合とは?

回答

信用組合は、組合員がお互いに支え合う組織です。
困ったときは助け合う。力を合わせて夢をかなえる。
信用組合は、相互扶助の理念に基づき、お互いに支え合うことを信頼の証として、組合員一人ひとりが預金し合い、必要なときに融資を受けられることを使命とする協同組合組織の金融機関です。
組合員は、それぞれの地域の中小零細事業者や住民、勤労者に限られています。つまり信用組合は地域の人々によって組織・運営されている、相互扶助の精神をいかした地域密着型金融機関です。
信用組合は、組合員の利益を第一に考えることを活動の基本としています。  
もっとも身近な頼れる相談相手として、生活者や事業者の悩みを一緒に考え、問題の解決に向けて努力します。
信用組合は、一人ひとりの顔が見える対話を一番大切にしています。゛であいふれあい゛の積み重ねを大切にしながら、皆様(組合員)との゛信頼の輪゛゛絆づくりの輪゛を広げています。

 

組合員のメリット

組合員になるには?

回答

次の方々が信用組合に出資をすると組合員になることができます。

 

信用組合の地区内において商業、工業、鉱業、運送業、サービス業その他の事業を行う小規模の事業者

 

【事業者の規模の制限】
従業員数 資本の額又は出資の総額
小売業を主たる事業とする事業者 50人以内 又は 5千万円以内
サービス業を主たる事業とする事業者 100人以内 又は 5千万円以内
卸売業を主たる事業とする事業者 100人以内 又は 1億円以内
上記以外の事業者 300人以内 又は 3億円以内

 

信用組合の地区内に住所若しくは居所がある方

信用組合の地区内においてお勤めの方

 

*詳しい組合員資格及び出資金については、各信用組合が定款で定めていますので、最寄りの信用組合にお問い合わせ下さい。

 

もどる